【有馬記念】クロコスミア 坂路で上々の動き「息遣いが良くなって活気もある」

2019年12月18日 20時32分

クロコスミアは坂路で上々の動き

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬18日最終追い切り:栗東】クロコスミアは坂路単走。上がり重点に追われてラスト1ハロン12・7秒(4ハロン54・0秒)。馬場が荒れた時間帯を考えれば上々で、状態はさらに上向き。

 西浦調教師「指示通りで、うまく調整ができた。前走(エリザベス女王杯=2着)時より息遣いが良くなって活気もある。この馬の競馬ができれば」

【関連記事】