【有馬記念】アーモンドアイ「道悪になっても大丈夫」

2019年12月17日 21時05分

現役最強馬らしい風格が感じられるアーモンドアイ

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬17日朝の表情:美浦】主役アーモンドアイは、午前8時に小雨が降り続く南馬場に登場。角馬場でじっくりとダクを踏んでから、ハロー(馬場整地)が終わったばかりのウッドをキャンターで1周。弾力性あふれるフットワークを披露した。この中間は熱発で香港カップを回避する緊急事態に見舞われたが、陣営は状態面に太鼓判を押した。

 国枝調教師「熱はすぐ下がったし、日本で翌週のレースだったら使っただろうね。すぐに乗り出せたし、先週の動きも上々。明日(18日)もビッシリやる必要はないでしょう。かき込みが大きいフォームから道悪になっても大丈夫。あとはルメールさんがハーツクライ(2005年)のように乗ってくれれば」

【関連記事】