【有馬記念】リスグラシュー 引退レースで「リスがアーモンド(アイ)を食べようと思っているねん」

2019年12月16日 21時06分

仕上がり絶好のリスグラシュー。陣営は打倒アーモンドアイに気合が入る

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬15日の表情:栗東】宝塚記念、豪コックスプレートとGIを連勝中のリスグラシューは坂路で軽めの内容(4ハロン60・1秒)。道中の脚さばきは力強く、状態の良さは疑いようがない。

 北口厩務員「56~57秒くらいを予定していたので少し遅くなったけど、馬任せで行ったので特に問題はない。近2走はすごく強い勝ち方だった。馬体はここにきて、さらに大きくなっている。今回が引退レースというのがもったいないくらい。中山は初めてだけど、コース、馬場不問の馬。最後の晩さんはリスがアーモンド(アイ)を食べようと思っているねん」

【関連記事】