【有馬記念】スワーヴリチャード「さらにもう一段ありそうな感じ」

2019年12月16日 21時04分

ジャパンCからさらに調子を上げているスワーヴリチャード

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬15日の表情:栗東】ジャパンCを制したスワーヴリチャードは坂路で4ハロン56・4―13・0秒。1週前追い切り(木曜=坂路4ハロン50・1秒)のほかにも火曜、日曜と負荷をかけている。前走時から調整パターンを変えたことで別馬のような雰囲気だ。

 庄野調教師「マーフィーは『勝ったことで馬が自信に満ちあふれている』と言っていたけど、その通りだね。1週前の動きはJCの時よりもスムーズで、さらにもう一段ありそうな感じ。2年前は外枠で外を回り、最後は内にモタれて4着だったけど、その時とは馬も違っているので右回りも問題ない」

【関連記事】