【元JRA助手の極秘情報】日曜阪神10Rゴータイミング「3戦3勝の阪神に替わるのはプラス!今度こそ決めたい」

2019年12月13日 21時00分

阪神は3戦3勝のゴータイミング

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。とうとう藤田菜七子ジョッキーがJRA初重賞制覇をやってくれましたね。香港でも日本馬が3勝と旋風を巻き起こしました。先週はええニュースが多かっただけに、気分がよろしかったです。あとは馬券さえ当たればなんも言うことなかったんやけどね。

 さて、先週の阪神JF。2歳女王決定戦という肩書きも当然ですが、来年のクラシック、特に桜花賞を占う意味で非常に重要な一戦でした。勝ち馬に関しては後述するとして、まずは1番人気のリアアメリアですわ。

 最初から最後までまったくええところがありませんでした。前2走のレースっぷりからすれば、あんな馬のはずはありません。オレの勝手な解釈やけど、やっぱりあれだけ速い流れになってしまったんがアカンかったのかもしれんね。正直、それぐらいしか敗因は思い当たりまへん。ま、これで終わりっちゅうわけやありませんし、来年はぜひ巻き返してほしいもんやね。

 で、勝ったレシステンシアです。自分でレースを作って、しかもあんだけのペースで逃げて、さらに上がり3ハロンはメンバー最速でっしゃろ。後続はお手上げです。これで無傷の3連勝。レコードでのGI勝利という箔もついたことやし、とりあえずはこの馬を中心に現2歳牝馬は回っていくんとちゃうかな。

 あと、2着のマルターズディオサはキズナ産駒。初年度産駒がいきなり2歳GI・2着は、十分に評価できるんちゃうかな。お父さんとタイプが違う馬もボチボチ見かけますが、ま、1年目としては大成功。今週の朝日杯FSにも2頭の産駒(エグレムニ、ビアンフェ)を送り出していますし、これからどんどん活躍馬を出していってほしいね。

 ただ、1着馬の父の父、2着馬の父の父の父、3着馬の父の父はすべて同じSS。あらためてサンデーサンレインスいうのはごっついです。

 さ、今週の推奨馬いきまひょか。日曜阪神10Rのゴータイミングは「前走もしっかり走れているし、3戦3勝の阪神に替わるのはプラスです。今度こそ決めたいですね」とは香港帰りの松永幹調教師です。

 ラッキーライラックはあと一歩及ばずの2着でしたが、そのぶん、先週は日本で2勝。年間40勝の大台にも乗せてきました。今週もどんどん勝ち星を増やしていってほしいね。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。