【朝日杯FS】ペールエール ウッドで際立った動き「中間も順調な仕上がり」

2019年12月11日 20時30分

【朝日杯フューチュリティS(日曜=15日、阪神芝外1600メートル)注目馬11日最終追い切り:栗東】ペールエールは坂路で併せ馬。4ハロン53・2―38・0―24・6―12・4秒を馬なりでマーク。ウッドで快時計を出した先週同様に際立った動きで好仕上がりをアピールした。

 安田隆調教師「まだ肉体的には成長段階ですが、それでもこれだけ走れていますし、この中間も順調な仕上がりをみせています」

【関連記事】