【JRA】東京五輪マラソン・競歩札幌開催で北海道開催の日割を変更

2019年12月10日 11時30分

 JRAは9日、東京オリンピックのマラソン・競歩が札幌市で行われる(8月6~9日)ことに伴い、来年度の開催日割を一部変更すると発表した。

 北海道開催は1回札幌=6日間開催(6月13日~28日)→1回函館=6日間開催(7月4日~19日)→2回函館=6日間開催(7月25日~8月9日)→2回札幌=8日間開催(8月15日~9月6日)の順となり、GIII函館スプリントS(函館→札幌)、GIIIクイーンS(札幌→函館)、GIIIエルムS(札幌→函館)の3重賞が競馬場を変更して行われることになる。

 後藤正幸JRA理事長「東京オリンピックのマラソン・競歩が札幌市で実施されるとの発表を受け、来年度の函館、札幌競馬の開催日程を一部変更することとしました。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な実施に協力させていただくとともに、同期間において北海道での競馬が順調に開催されるよう考慮したものです。お客さま及び、関係者の皆さまにはご理解、ご協力を賜りたくお願い申し上げます」

【関連記事】