【カペラS】藤田菜七子がJRA重賞初勝利

2019年12月08日 15時53分

コパノキッキングのオーナー小林祥晃氏(右)に祝福される藤田菜七子騎手

 藤田菜七子騎手が8日、中山競馬場で行われたGIII第12回カペラステークス(ダート1200メートル)で2番人気コパノキッキングに騎乗して1着となりJRAの重賞初制覇を果たした。勝ち時計は1分09秒3。

 この勝利で今年のJRA42勝目、通算89勝目。地方交流競走で挙げた10勝を含め通算99勝目とし、節目の通算100勝まであと1勝とした。

 2着は3番人気のテーオージーニアス、3着は7番人気のシュウジ。