【元JRA助手の極秘情報】カペラS出走ヒロシゲゴールド「発馬さえ決められれば中央の重賞でもいい勝負ができる」

2019年12月06日 20時58分

調教量も十分なヒロシゲゴールド

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。流行語大賞も発表され、いよいよ今年も大詰め。競馬もホープフルSの週を含めてあと4週ですわ。最後まで気合入れて突っ走っていきたいと思います。

 さて、先週のチャンピオンズC。クリソベリルはパドックで見た限り、まだ成長途上というか、緩そうに見えたんやけどね。あれで勝ってしまうんやから、たいしたもんです。最後は内を1回突きかけて、そこからまた外へ進路を変えて伸びてきたからね。

 たぶん、あのまま内で待っていたら、最後まで前が開かんかったと思います。そういう意味では進路変更が正解やったわけですが、一回追うのをストップさせなアカンわけやからね。そこから再加速して捕え切るっちゅうのは、並大抵のことではないと思います。

 まだまだこれから強くなっていくと思いますし、それこそ海外へ出ていっても楽しみやと思います。思い切って凱旋門賞っちゅうのはどうでっしゃろ。あれだけの馬格とパワーがあれば、ひょっとするとひょっとするかもしれまへんで。ま、とにもかくにも6連勝での中央GI制覇、おめでとうございます。

 2、3着馬に関して言えば…3着のインティは時計を見るとよく踏ん張ったんとちゃうかな。まだまだ健在やいうことをアピールしましたし、さすがは武豊というのも見せてもらった気がします。

 2着ゴールドドリームはホンマを言えば勝ちパターンやったんやろうけど、相手が悪かったとしか言いようがないかもしれんね。ただ、まだ完全な世代交代というわけではないと思います。現役を続けるかどうかはわからんけど、来年も走るようなら楽しみにしてます。

 さ、今週の推奨馬やね。日曜の中山メイン・カペラSのヒロシゲゴールドを狙ってみたいと思います。

「リフレッシュ放牧明けになるけど、前回の放牧明けの時より今回のほうが落ち着きがあります。調教量も十分足りていますよ。発馬さえ決められれば中央の重賞でもいい勝負ができると思います」と村田助手ですわ。

 風邪を引いて泣きそうにしてましたが、この馬の勝利がええ薬になってくれるんとちゃうかな。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。