【阪神JF】マルターズディオサ「本番も落ち着いて出てくれれば」

2019年12月05日 21時01分

【阪神JF(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)注目馬5日朝の表情:美浦】未勝利戦→サフラン賞と連勝中のマルターズディオサは、南の角馬場で体をほぐした後、後ろ出しでゲート確認を行った。陣営は目算通りの仕上がりを強調した。

 手塚調教師「練習を重ねてきたので、ゲート内でもおとなしかった。本番も落ち着いて出てくれればいいね。今日の計量で443キロ。明日、美浦を出発して阪神競馬場に滞在するから、おそらく前走比2キロ減(438キロ)くらいの体で送り出せるはず」

【関連記事】