【カペラS】ハングリーベン ウッドで半馬身遅れも十分な動き「クラス慣れしてきた」

2019年12月04日 20時02分

【カペラS(日曜=8日、中山ダート1200メートル)注目馬4日最終追い切り:美浦】ハングリーベンは南ウッドで3歳2勝クラスに半馬身遅れたが、もともと稽古はあまり動かない。オータムリーフS(6着)から中1週の間隔を考えれば、これで十分だ(5ハロン70・2―40・0―12・8秒)

 武井調教師「使い詰めのほうが走るタイプ。だんだんとクラス慣れしてきたし、コース替わりもプラス。期待はあります」