【カペラS】ドリュウ 坂路で軽快な動き「中山でも見せ場はつくれそう」

2019年12月04日 20時01分

【カペラS(日曜=8日、中山ダート1200メートル)注目馬4日最終追い切り:美浦】ドリュウは坂路で単走。中2週ということで余力を残した内容だが、少し時計のかかる馬場を最後まで軽快に登坂した(4ハロン55・0―13・0秒)。

 土田調教師「中間もいい状態。前回(霜月S=6着)は前が止まらない流れでも、しっかり脚は使っていた。相手は強くなるけど、中山でも見せ場はつくれそうだね」