【カペラS】シュウジ「中山は相性がいいので乾いた馬場で」

2019年12月02日 20時24分

【カペラS(日曜=8日、中山ダート1200メートル)注目馬最新情報:栗東】シュウジの1週前追い切りはウッド6ハロン85・0―38・5―12・6秒。長めからじっくりと乗られる。ひと息入っているせいか、好調時の迫力にはいま一歩。

 須貝調教師「前走(室町S=15着)は水が浮くような馬場で、やめるような面を見せていた。北海道スプリントS(5着)でも馬場が悪くて嫌気を差していたので道悪はダメみたい。放牧でひと息入れたけど、馬は元気いっぱい。中山は相性がいいので乾いた馬場で競馬ができれば」