【ステイヤーズS】7歳馬モンドインテロが重賞初制覇

2019年11月30日 16時40分

ステイヤーズSを制したモンドインテロとビュイック騎手

 30日、中山競馬場で行われたGIIステイヤーズステークス(芝内3600メートル)は、ビュイック騎乗の6番人気モンドインテロ(牡・手塚)が直線で叩き合いを制し、7歳にして初の重賞制覇を飾った。勝ち時計は3分46秒1。

 2着は1番人気のアルバート、3着は11番人気のエイシンクリック。

「昨年(3着)も乗って長距離適性は感じていたし、今年は好位からスタミナを生かす競馬を心掛けた。ひたむきな馬だとわかっていたので、頑張ってくれと励ましながら乗りました」と手綱を取ったビュイック。

 一方、管理する手塚調教師は「ジョッキーも諦めずに追ってくれて、やっと勲章を取れた。ただ、レース後に歩様が乱れて…右前を痛めたかも」と故障の不安を口にした。