【チャレンジC】2番人気ロードマイウェイ 5連勝で重賞初制覇

2019年11月30日 16時39分

チャレンジCを制したロードマイウェイ

 30日、阪神競馬場で行われたGIIIチャレンジカップ(芝内2000メートル)は、ルメール騎乗の2番人気ロードマイウェイ(牡・杉山)がゴール寸前で差し切り、5連勝で重賞初制覇。勝ち時計は1分59秒1。

 2着は8番人気のトリオンフ、3着は3番人気のブレステイキング。

 鞍上のルメールは「スタートが良くなかったので後ろからになりましたが、ペースがちょうどよく冷静に運べました。長い脚を使えたし、最後まで一生懸命に走ってくれました」と語った。

 管理する杉山調教師は「出遅れた時はやってしまったと思ったが、ジョッキーがうまく馬を導いてくれた。ケイティブレイブ(28日の交流GII・浦和記念V)に続いての重賞勝利で、厩舎に活気も出る。感謝したい」と、ジャスタウェイ産駒としても初タイトルを獲得した愛馬を称えた。