デットーリ騎手に厳重注意 レース騎乗日早朝に秘書がインスタ更新

2019年11月30日 14時32分

デットーリ騎手

 短期免許で来日中のランフランコ・デットーリ騎手(48)が30日、JRAから厳重注意を受けた。

 この日早朝、同騎手のインスタグラムが更新されたことを受け、JRAが本人に事情聴取したところ、前日(29日)の調整ルーム入室前に、英国のSNS担当秘書にメールした写真を同秘書がインスタに投稿したことが判明。デットーリ本人が調整ルーム内から投稿したのではなく、調整ルームの守則義務には違反していないため、騎乗停止などの処分は下されなかったが、誤解を招いたとして厳重注意とした。

 2015年にはクリストフ・ルメール騎手(40)が阪神競馬場の調整ルームでツイッターを使用。調整ルームでは公正確保のため外部との通信は厳禁となっており、競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反するとして、30日間の騎乗停止処分を受けている。