【阪神JF・1週前追い】リアアメリア ウッドラスト11・2秒「このまま順調にレースを迎えたい」

2019年11月28日 20時01分

リアアメリアは軽快に脚を伸ばした

【阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日=日曜、阪神芝外1600メートル)28日1週前追い切り:栗東】昨年の覇者ダノンファンタジーを管理する中内田厩舎から2頭がエントリー。アルテミスSで豪快な末脚を披露し、新馬に続く無傷の連勝を飾ったリアアメリアは最有力候補と目されている。

 この日は主戦の川田を背にウッドで単走。馬場入りの際などには少しうるさいしぐさも見せたが、走りだすと軽快なフットワークでゴールまで加速し続け、6ハロン83・3―11・2秒の好時計を楽々とマークした。

 片山助手「前走の反動が出ないか心配していましたが、直後は疲れを見せたものの、翌週には食いも含めて回復。このまま順調にレースを迎えたい」