【チャンピオンズC枠順】5戦無敗の3歳馬クリソベリルは3枠5番 一昨年覇者ゴールドドリームは6枠11番

2019年11月28日 14時14分

JDダービー覇者のクリソベリル

 3歳から7歳まで5世代の交流ダートGI馬6頭に加え、芝のGI馬1頭が参戦するJRA下半期のダート最強馬決定戦「第20回チャンピオンズカップ」(12月1日=日曜15時30分発走、中京1800メートル)の枠順が28日午後、以下のように決まった。

 デビュー以来5戦全勝の3歳馬で、昨年12年ぶり4度目の3歳馬Vを成し遂げたルヴァンスレーヴが持つ、このレースの最少キャリア優勝記録(デビュー8戦目)の更新に挑むクリソベリル(川田騎乗=栗東・音無厩舎)は3枠5番からスタートする。

 現役トップの交流GI・5勝を誇る一昨年覇者ゴールドドリーム(ルメール騎乗=栗東・平田厩舎)は6枠11番、今年のフェブラリーS覇者で2017年ゴールドドリームに続く4頭目の同一年JRAダートGI・2競走制覇がかかるインティ(武豊騎乗=栗東・野中厩舎)は2枠4番に入った。

 交流GI初優勝を遂げた今年のJBCクラシックを含むダート重賞で6戦4勝、2着2回と連対率100%のチュウワウィザード(福永騎乗=栗東・大久保厩舎)は2枠3番、そのJBCクラシックでハナ差の2着だったオメガパフューム(デットーリ騎乗=栗東・安田翔厩舎)は3枠6番となった。

 先週のジャパンカップでスワーヴリチャードを昨年4月の大阪杯以来となるGI・2勝目に導いたマーフィーを鞍上に迎え、一昨年12月のホープフルS(芝2000メートル)に続く約2年ぶりのGI制覇を狙うタイムフライヤー(栗東・松田厩舎)は1枠1番、昨年の2着馬で名手スミヨンとのコンビでレース史上初となる7歳馬Vに挑むウェスタールンド(栗東・佐々木厩舎)は4枠8番だった。

 なお、このレースは30日(土曜)から前売りが開始される。

★「チャンピオンズC」枠順と騎手(斤量は3歳牡馬クリソベリルとワイドファラオが55キロで、他は57キロ)★

【1枠】 1番 タイムフライヤー  マーフィー
【1枠】 2番 モズアトラクション 藤岡康
【2枠】 3番 チュウワウィザード 福永
【2枠】 4番 インティ      武豊
【3枠】 5番 クリソベリル    川田
【3枠】 6番 オメガパフューム  デットーリ
【4枠】 7番 ワンダーリーデル  横山典
【4枠】 8番 ウェスタールンド  スミヨン
【5枠】 9番 サトノティターン  ムーア
【5枠】10番 ミツバ       和田
【6枠】11番 ゴールドドリーム  ルメール
【6枠】12番 キングズガード   秋山
【7枠】13番 ワイドファラオ   M・デムーロ
【7枠】14番 テーオーエナジー  川須
【8枠】15番 ロンドンタウン   岩田康
【8枠】16番 ヴェンジェンス   幸