“美人過ぎる騎手”ミカエル・ミシェル 日本で通年免許取得を熱望

2019年11月25日 11時30分

日本での通年免許取得を熱望したミシェル

 今夏の札幌ワールドオールスタージョッキーズで活躍し、“美人過ぎる騎手”として注目を集めたフランスのミカエル・ミシェル(24)が24日、ジャパンカップ観戦のため東京競馬場を訪れ、将来的に日本での通年免許取得を目指していることを明かした。

「日本の人々に会いに来た。東京競馬場は初めてだけど、ファンが多くて素晴らしい」と笑顔を見せたミシェル。WASJでの騎乗は自身にとって大きな経験となったようで「まずは来年、短期免許を取りたいし、将来はJRAの通年免許を取りたい」と日本での騎乗を熱望する。現在は日本語を勉強中で「2年くらいで準備が整うかな」と見通しを語った。

 再来日ならWASJ以来の藤田菜七子との再戦にも注目が集まりそう。「彼女はグッドジョッキー。もっと伸びるだろうし、(次に対戦する時は)2人ともにビッグジョッキーになって戦えれば」と大舞台での対戦をイメージしていた。