【元JRA助手の極秘情報】ジャパンC出走スワーヴリチャード「チーク(ピーシーズ)の効果で変わってくれれば」

2019年11月22日 21時00分

2つ目のGIタイトルを狙うスワーヴリチャード

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。今週はジャパンCですが、外国馬の名は一頭もありません。存在価値などいろいろ言われてますが、そやって議論することはええんとちゃうかな。今後の日本競馬の役に立つ思います。それに、ジョッキー欄はすごいことになってますからね。デットーリがどんな騎乗をするのか、今から楽しみでなりませんわ。

 そういえば、みなさん、先週のマイルCSはどうやっ…あ、その前に東スポ杯から振り返ってみまひょか。せっかくの社杯ですからね。ワン・ツー・スリーまで全部ディープ産駒でしたが、やっぱ勝ち馬の印象が強烈やったね。何せあの好メンバーでぶっちぎりましたから。しかもレコード。ホンマ、今後が楽しみな勝ち方やと思います。

 ただ、掲示板内に漢字のジョッキーは1頭(2着アルジャンナ=川田)だけ。先週の時点であれですから、これにデットーリが加わるとなると、どうなってまうんやろね。

 そしてマイルCSです。これは池添君がホンマ、完璧な騎乗を見せてくれた思います。スタート、位置取り、仕掛けどころ…どれも申し分なかったでっしゃろ。本来より前めの位置取りに見えたかもしれませんが、ペースを考えれば絶妙。やっぱりマイルCSが得意なんやね。それに、代打でしっかり結果を出すあたり、やっぱり大一番に強いジョッキーやと思います。名だたる外国の名手たちを抑えての勝利も見事なもんでした。

 さて、今週のジャパンCには庄野厩舎からスワーヴリチャードが出走します。庄野靖志君…普段は“やっちゃん”と呼ばせてもらってるんですが、昔から仲良ぅさせてもらってますからね。ぜひとも2つ目のGIタイトルを取ってもらいたいもんです。

 担当の久保助手いわく「1週前にビシッとやってあるので、今週は馬なりで軽く。いい動きをしていますね。大きなところでは善戦止まりなので、チーク(ピーシーズ)の効果で変わってくれれば」とのことでした。

 鞍上にはアイルランドの若き天才オイシン・マーフィーです。去年は3着でしたが、その1、2着馬はいてまへん。東京コースは得意ですし、なんとかしてもらいたいね。

 あと、付け足しみたいで悪いですが、こっち(京都)では日曜9R白菊賞のヒルノマリブ。勝浦が前走に続き、この馬のためにわざわざやってきます。人気ですが、注目して見たってください。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。