【ジャパンカップ】スワーヴリチャード「馬体は完成期に入っている」

2019年11月21日 21時02分

【ジャパンカップ(日曜=24日、東京芝2400メートル)注目馬21日朝の表情:栗東】7着に終わった天皇賞・秋からの巻き返しを期すスワーヴリチャードは厩舎周りの乗り運動で息を整えた。陣営はひと叩きしての大きな上積みをアピールした。

 庄野調教師「前走は最後に集中力を欠くようなところがあったけど、秋初戦としては十分な競馬ができた。去年も天皇賞を使ってうまく上昇してくれたし、今年もそのイメージでレースに向かえそう。馬体は完成期に入っているし、精神的にも大人になってきた」