【京阪杯】カラクレナイ ウッドラスト11・9秒「デキは安定している」

2019年11月21日 20時30分

【京阪杯(日曜=24日、京都芝内1200メートル)注目馬21日最終追い切り:栗東】カラクレナイはウッドで単走。4ハロン標識からスタートして、徐々にペースを上げていく。3~4コーナーでは頭を上げ、行きたがる面を見せていたが、テンションの高い、この馬とすれば許容範囲。最後まで余力を残したまま脚を伸ばして4ハロン53・2―39・4―11・9秒をマークした。

 松下調教師「いつも通り動けていました。年齢的に大きな変化はありませんが、デキは安定している。最近はゲートも出るようになってますし、重賞で流れが速くなれば、折り合いもつけやすいはずなので」