【ジャパンカップ】カレンブーケドール「馬の雰囲気はさらに良くなって53キロの斤量も魅力」

2019年11月18日 21時03分

1馬身先着したカレンブーケドール(右)

【ジャパンカップ(日曜=24日、東京芝2400メートル)注目馬最新情報:美浦】カレンブーケドールの1週前追い切りは坂路で僚馬2頭をインから追走して4ハロン52・1―37・8―12・3秒。ゴール前強めで1馬身先着した。相変わらず活気に満ちた走りで反応も上々。秋華賞後はさらに調子を上げている印象だ。

 国枝調教師「前走(秋華賞=2着)は負けたけど、これまでと違うタイトな競馬でも踏ん張れたあたりに精神面の成長を感じた。馬の雰囲気はさらに良くなっている。53キロの斤量は魅力だし、今年は気楽な立場で一発を狙います」