【ジャパンカップ・1週前追い】シュヴァルグラン 半馬身遅れも「いつも稽古ではああいう感じ」

2019年11月13日 20時00分

【ジャパンカップ(24日=日曜、東京芝2400メートル)注目馬13日1週前追い切り:栗東】2017年のジャパンC勝ち馬シュヴァルグランはスミヨンを背にポリトラックで3頭併せ。同レース出走予定の同厩マカヒキ(藤岡康=レースは武豊)を先導役に、エタリオウ(横山典)の2馬身前を追走する。4角で馬体を並べると直線は熱のこもった追い比べ。最後は少しズブさを見せて、最先着のマカヒキから半馬身遅れのゴール(6ハロン77・5―11・6秒)になった。陣営のコメントは3頭とも好感触だった。

 友道調教師「いつも稽古ではああいう感じだし、馬の特徴だけ分かってもらえたら。マカヒキは相変わらずいい動き。2400メートルになるのもいいと思う。エタリオウは深いブリンカーにした効果か、動きが良くなっている」