【エリザベス女王杯】ラヴズオンリーユー矢作調教師が競馬界の女神の直撃に「このまま無事に行きさえすれば、結果はついてくる」

2019年11月08日 21時00分

ラヴズオンリーユーとのツーショットに成功した稲富

【エリザベス女王杯(日曜=10日、京都芝外2200メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。3連休にJRAだけでなく、JBCまで参加した結果、お財布がとてつもなく寒くなり、給料日まで耐えられるか、かなり心配なのですが…。今週はなんてったってエリザベス女王杯ですから。寂しいことは言わずに、華麗な週末を迎えるざますわよ(慣れてないので言葉が変?)。

 まずは見事にGI馬の仲間入りを果たしたクロノジェネシスについて、斉藤崇史先生にお話をうかがいました。秋華賞制覇、本当におめでとうございますっ。

「レース当日は馬に落ち着きがあって、競馬でも折り合いがピタリとついて。本当にいい勝ち方をしてくれました。レース後は様子を見ながらの立ち上げ。馬が成長しているのもあって、大きなダメージはなかったですし、さらにたくましくなってますね」

 前走のプラス20キロは、やっぱり成長分なんですね。そして、さらなる上積みがあるとは!

「体の使い方や息遣いなど、上向いているところは多い。ただ前回ぐらいが心身のバランスが一番いいのかなぁとも思った。体調面が上がっているからこそ、競馬へ行ってイレ込んだり、道中の力みになったりしないよう、注意しなければと思ってやってきました」

 なるほど、そのあたりは本当に繊細な調整が必要になるわけですね。

「今週の追い切りは、先週よりも落ち着いていて、力みもなかったですし、いい方向に躍動感が出ていた。問題なく調整ができたと思っています。今回はGⅠ馬となっての出走ですが、年上の馬たちが相手ですから、チャレンジャーの気持ちで頑張ります」

 その上昇ぶりがヒシヒシと伝わってきやした。年長馬も怖いですが、クロノジェネシスの最大のライバルになるのは同世代のあの馬では…。そう、無敗のオークス馬ラヴズオンリーユーです。矢作先生、まずはここまでの経緯を教えてくださいっ。

「秋華賞で復帰する予定を組んでいたんだけど、いろいろとトラブルが重なりまして。普通の馬なら使っていたかもしれませんが、やはり負けていないというのは結構なプレッシャー。万全を期して、ここ一本に絞りました。この中間で馬体がすごく増えて、かなり大きくなっています。プラス20キロくらいになると思いますが、成長分なので心配はないですね」

 わお! こちらも成長がすごいんですね。きっとお尻がプリッと、筋肉もムキッとしているんだろうなぁ。

「先週の追い切りでは古馬オープンのエントシャイデンに先着。素質の高さを感じる走りでしたねぇ~。京都外回りの2200メートルという条件も合っていると思いますよ。とにかく、このまま無事に行きさえすれば、結果はついてくると思っています」

 春のタイトル馬か、秋のタイトル馬か、それとも…って、これだけでご飯3杯は食べられるねっ(自分で言うのもなんですが、どういうこと?)。女の子は気分屋さんだから、週末までしっかり情報を追って、本命を決めたいと思ってますっ!

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はABC「おはよう朝日です」、サンテレビ「アサスマ探検隊」、ひらかたパークのCMなどに出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。