【エリザベス女王杯】ポンデザール ウッドでいい動き「一戦ごと確実に力をつけているので楽しみ」

2019年11月06日 20時43分

好仕上がりのポンデザール

【エリザベス女王杯(日曜=10日、京都芝外2200メートル)注目馬6日最終追い切り:美浦】ポンデザールは南ウッド単走で5ハロン68・1―39・6―13・0秒。派手なアクションはなかったが、1週前までに併せ馬を重ねて、すでに馬体は出来上がっている。京都への長距離輸送を考えれば、これで十分だろう。

 森助手「先週しっかり追ったので、直前はこれで十分。動きはいいし、順調です。前走(丹頂S=1着)は得意の洋芝で、ハンデ差があったとはいえ、格上挑戦で強い内容。一線級との対戦は初めてになりますが、一戦ごと確実に力をつけているので楽しみです」