【武蔵野S】サンライズノヴァ 坂路で迫力ある走り「この斤量でどういう競馬ができるか」

2019年11月06日 20時01分

迫力のある走りを見せたサンライズノヴァ(右)

【武蔵野S(土曜=9日、東京ダート1600メートル=1着馬にチャンピオンズカップ優先出走権:栗東】これまでとは一転、南部杯では早め先行からそのまま押し切ったサンライズノヴァは、坂路で前を走るインディチャンプ(オープン)と併せるような形になり、一杯に追われて4ハロン51・4―38・5―26・0―13・7秒をマークした。ラストは少々かかったが、道中は迫力のある走りっぷり。

 音無調教師「しまい13秒台だったけど、インディチャンプと行ってしまった分もあるかな。東京コースでは前走のような形だと厳しいので作戦を立てるが、この斤量(59キロ)でどういう競馬ができるか」