【デイリー杯2歳S】2戦2勝サクセッション「控える形でも、しまいは脚を使える」

2019年11月05日 20時30分

【デイリー杯2歳S(土曜=9日、京都芝外1600メートル)注目馬5日朝の表情:美浦】勇躍、京都に乗り込むのが2戦2勝のサクセッション。クルーガーを全兄に持つ血統馬だ。

 国枝調教師「落ち着きがあって乗りやすいのがこの馬のいいところ。前走(アスター賞)も逃げる形にはなったが、物見しながらで、いい意味で余裕があった。控える形でも、しまいは脚を使えると思うよ」

 6日の最終追い切りには新パートナー・マーフィーが騎乗する予定になっている。