【元JRA助手の極秘情報】土曜京都「室町S」ヒロシゲゴールド「京都に替わるのはプラスだし、スタート五分なら」

2019年10月18日 21時00分

発馬難も解消されたヒロシゲゴールド

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。まずは台風19号の被災地のみなさまにお見舞い申し上げます。こっち、つまり関西はあんまり被害がなかったけど、三重あたりは川が氾濫したところもあるようやね。こんな大変な時に競馬なんて不謹慎と言われるかもしれませんが、逆に勇気をもらえるレースかてナンボでもあります。ふさぎ込んでるときこそ、サラブレッドたちの勇壮な姿を目に焼き付けたってください。

 さて、先週は牝馬の3冠ロード最終戦・秋華賞でした。残念ながら馬券はダメやったんですが、クロノジェネシスといえば斉藤崇厩舎。松永幹厩舎で調教助手を務め、レッドディザイアを担当してた人ですわ。ミキオのおっかけ(?)やっとるオレとしては、当然ながらイチ押しの先生です。ミキオも「斉藤君のところは、これからどんどんいい馬が入る」と言うてましたが、その通りやね。まだ若い先生やし、こっからもっともっと飛躍していく思います。

 ただ、それよりうれしかったのは東京HJのシングンマイケルですわ。高市調教師といえば、オレの同期の中で一番の仲良しです。これで重賞2連勝。レース後の金子ジョッキーも絶賛してましたし、いよいよ中山大障害も見えてきたんとちゃいますか。もう1回どっか叩いて本番に向かうみたいですが、ぜひともオジュウチョウサンとのガチバトルを見てみたいね。ま、オジュウはこのあとAR共和国杯みたいなので、その後の脚取りはわかりませんが…。

 さて、今週の推奨馬にいきまひょか。土曜の京都メイン・室町Sからヒロシゲゴールド。鳴海助手いわく「前走は勝ち馬が強かった。京都に替わるのはプラスだし、今回はゲート練習を入念にして発馬難も解消されています。スタート五分なら」と力が入ってましたわ。人気の一角ではありますが、手堅く仕留めておきたいね。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。