【秋華賞】カレンブーケドール 坂路ラスト12・3秒で併入「体の張りもグンと良くなった」

2019年10月09日 20時49分

叩かれて上昇急のカレンブーケドール(右)は軽快に僚馬と併入

【秋華賞(日曜=13日、京都芝内2000メートル)注目馬9日最終追い切り:美浦】カレンブーケドールは主戦・津村を背に坂路で併せ馬。3歳1勝馬を2馬身ほど追いかける形で4ハロン52・1―37・9―24・6―12・3秒。余力を残しながらラストはシャープな伸びで併入した。休み明けを叩かれたことで馬体は引き締まった感じ。上昇ムードが漂う。

 国枝調教師「先週にある程度やった(坂路4ハロン53・5秒)が、まだ余裕がありそうだったので今日はしまい重点でやった。前へ行った馬がいい動きだったので並ぶのがきつかったけど、並んでからは良かったね。使ったことで落ち着きが出ているし、体の張りもグンと良くなった。春よりは成長していると思う」

 オークス2着馬は万全の仕上がり。陣営は昨年(アーモンドアイ)に続く秋華賞連覇に挑む。