【秋華賞】クロノジェネシス 5馬身追走から併入に北村友「乗りやすくなっています」

2019年10月09日 21時03分

ウッド1ハロン11秒台で併入した手前のクロノジェネシス

【秋華賞(日曜=13日、京都芝内2000メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】クロノジェネシスは2週連続で北村友を背にウッド6ハロンから同厩アメリカンウェイク(3歳1勝クラス)と併せ馬。柔らかな脚さばきで前を5馬身追走し、直線入り口で射程に入れた。

 鞍上がゴーサインを送ると一気にスパート。突き抜ける勢いで馬体を並べたが、相手もしぶとく食い下がり最後は併入フィニッシュとなった(83・0―38・3―11・9秒)。

 稽古を見届けた斉藤崇調教師「馬体がすごく大きくなって、気持ちにゆとりを持って帰ってきました。春は体がギリギリで休ませながらだったけど、今は普通の調教ができています」

 北村友騎手「メンタルがリフレッシュされ、乗りやすくなっています。スタッフも一生懸命に仕上げてくださっている。それを信じて、頑張りたいと思います」