【秋華賞】ダノンファンタジー ウッドで快伸ラスト12・0秒「何とか目標のGIでタイトルを」

2019年10月09日 21時04分

川田を背に息の合った走りを見せたダノンファンタジー

【秋華賞(日曜=13日、京都芝内2000メートル)注目馬9日最終追い切り:栗東】阪神JF優勝のGI馬で、前哨戦のローズSをレコードで快勝したダノンファンタジーは、いつも通りに自然体の調整。角馬場をじっくりと乗り込んで気持ちを整えると、川田が騎乗してウッド単走で半マイルからの追い切り。

 ゴールまで馬なりのままではあったが、リズミカルなフットワークで、鞍上が気分良く走れていることを一完歩ごと確かめているかのような姿が印象的な好稽古となった(4ハロン51・4―36・7―12・0秒)。

 猿橋助手「競馬にいけば調教ほど難しさを見せることなく、いつも力を発揮してくれますし、ここまで順調に調子を上げてきましたからね。今の雰囲気なら距離も問題はないでしょうし、何とか目標のGIでタイトルを取らせてあげたい」

 もうトライアルホースとは呼ばせない――。3歳秋にして完熟した2歳女王が真の実力を証明するべく、反撃に打って出る態勢は整った。