【府中牝馬S】カンタービレ 坂路で2馬身先着「力は出せる」

2019年10月09日 20時16分

カンタービレ(右)は坂路で末脚を伸ばして僚馬に2馬身先着

【府中牝馬S(月曜=14日、東京芝1800メートル=1着馬にエリザベス女王杯優先出走権)注目馬9日最終追い切り:栗東】カンタービレは坂路での併せ馬。前半からシャープな脚さばきで、軽快に駆け上がっていった。最後は併走馬をあっさり突き放して2馬身先着を果たし、4ハロン53・4―12・7秒をマーク。ヴィクトリアM(18着)から5か月の休み明けとなるが、動き、仕上がりともに文句なし。陣営も秋初戦を前に改めて万全の仕上がりをアピールした。

 辻野助手「もともと久々を苦にするタイプではないですからね。いい動きを見せていますし、力は出せると思います」