【秋華賞】“第3の馬”は強運オーナー&持ってる菊本助手に導かれるフェアリーポルカ

2019年10月09日 21時33分

馬房から運動に向かうフェアリーポルカには後光が差していた

【秋華賞(日曜=13日、京都芝内2000メートル)栗東トレセン発秘話】競馬記者の基本は足で稼ぐ――。「トレセン発秘話」の高岡功記者が原点に立ち返り、第24回秋華賞の“第3の馬”探しの旅に出た。もちろん、「クレイジージャーニー」ではない。ガチの「グレートジャーニー」だ。

 桜花賞馬グランアレグリアとオークス馬ラヴズオンリーユー。牝馬3冠最終戦・秋華賞は、春のクラシック2冠を分け合った2頭が不在の中で行われる。

 代わってヒロインの有力候補に躍り出たのは2歳女王ダノンファンタジーに、大舞台で好勝負をし続けているクロノジェネシスあたりだろうが…。これに続く“第3の馬”については意見が分かれるようだ。

「サトノダムゼルは怖い存在だと思うよ。まだキャリア3戦で、重賞も使ったことがない馬とはいえ、デビューから負けなしでしょ。一度でも負けている馬と、一度も負けていない馬とでは大きな差がある。無敗というのは、底を見せておらず、それだけ可能性を秘めているってことになるわけだからね」

 秋華賞に登録しながらも、回避を決めたコパカティの佐々木調教師の発言だ。これを出発点に、当事者の感触を確認しようと、サトノダムゼルに騎乗するM・デムーロに探りを入れたところ、また違った方向へ…。

「能力が高いのは間違いない。ただ、幼いところがまだあるからね。大舞台でどこまでやれるか、楽しみはあるけど…。第3の馬? 怖いのは戸崎(圭)さんの馬だね。この前のレースでは(自身が騎乗したグラディーヴァが)スーッと引き離されてしまったし、あの馬はかなり走るよ」

 M・デムーロから名前が挙がるとしたら、自身が前走まで主戦を務めていた上がり馬エスポワールと予想していたのだが、意外にも挙げたのは紫苑Sを制したパッシングスルーだった。

 想定外の展開にしばしフリーズ。パッシングスルーが有力馬の一頭なのは間違いなかろうが…。妙味を重視すれば、紫苑Sでこのパッシングスルーに頭の上げ下げのタイミングだけで負けた形のフェアリーポルカも要警戒ということにならないか? そんな考えが頭をよぎった。というわけで今度は担当の菊本助手のもとへ。

「紫苑Sで増えていた16キロは成長分ですね。デビュー前に坂路で追い切ってトモを痛めたことがあったので、春先はトラックでしか調教していなかったんですけど…。今はトモもしっかりしたので、坂路でも普通に追い切れるようになっていますよ」

 確かに記者もその点は確認済みだ。

 スッと好位のインにつけて、直線でもしっかり伸びてきた紫苑Sのレースぶりからも分かる通り、抜群のレースセンスがフェアリーポルカの最大の魅力。これはゴチャつきやすい京都内回り2000メートルを乗り切るための大きな武器となる。あとは内枠を引くなどの「運」も必要となるが…。

「(フェアリーポルカの)担当は持ってるヤツなんだ。今、やっているもう一頭がタイセイビジョン。オープン馬2頭の担当ってことだからね」(西村調教師)

 さらにはオーナーの山本剛士氏も、個人馬主としてはこのフェアリーポルカが初めての持ち馬だとか。それがいきなりGIの大舞台に出走する活躍を見せているのだから、こちらの強運も相当なものだ。

“持ってる”担当&馬主の馬となれば、理想の枠を引き当て、持ち味が最大限に生きる競馬になる可能性大? 記者が指名する“第3の馬”は、このフェアリーポルカに決まりだ。