【京都大賞典】最強1勝馬エタリオウと3連勝中シルヴァンシャー どちらが買いか

2019年10月04日 20時01分

シルヴァンシャーの勢いも侮れないが…

【京都大賞典(日曜=6日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)栗東トレセン発秘話】GII京都大賞典の「難解な2択」に迷う男がここに…。今春、広告営業マンから競馬取材記者に転じた鈴木邦宏だ。「誰だよ」と言うなかれ。ある意味、ファン目線に最も近い男が下した選択。大いに参考にされたし――。

 重賞で惜敗を続ける馬と、条件戦連勝で勢いのある馬が、一緒の舞台に立った時、いったいどちらが買いなのか? 競馬記者になる以前から、悩むポイントだった。

 ライトユーザーからすれば、馬名を耳にしがちな前者に食指が動こうとしたところで、馬柱に1着が並ぶ上がり馬を見つけると、「ちょっと待てよ…」。思わずマークシートを塗る手が止まってしまう。今年の京都大賞典は、まだ競馬記者歴の浅い私に、そんな難題の模範解答を求める、格好の例題のようにも見えてくる。

 未勝利戦を最後に、勝ち鞍こそないものの、数々の重賞で強豪としのぎを削る“最強の1勝馬”エタリオウと、500万下からの3連勝で初重賞に挑むシルヴァンシャー。同世代ながら、対照的な戦歴でここにたどり着いた両4歳牡馬、果たしてどちらを買うべきなのか…。

 まずシルヴァンシャーの3連勝は中身も濃い。特に2走前(境港特別)に破ったメールドグラースがその後、連勝街道をバク進中。すでに重賞3勝を挙げているとなると、シルヴァンシャーもまた重賞タイトルを奪取できる能力は十分にも見える。当然、陣営からも威勢のいいコメントが出ていて「勝ち続けているのだから当然、勢いに乗ってますよね。馬も自信をつけているはずだし」と兼武助手。

 ただし、「ここが試金石。どこまでやれるか楽しみです」という締めのコメントから察するに、自信はあっても、あくまでチャレンジャーの立ち位置で臨む気持ちが表れている。

 対してエタリオウ。宝塚記念9着惨敗は、おそらく天皇賞・春でのマクリ不発(4着)のダメージが残ったもの。勝手ながら参考外とさせていただく。それ以前の競走を振り返ると、フィエールマンにハナ差2着の菊花賞を筆頭に、惜しい競馬ばかり。もうひと押し何が足りないのだろうか? この疑問を友道調教師にぶつけると「やはり勝ちたい気持ちが足りなかったんでしょうね」と。

 教えてもらった話を要約すれば、もともと高い能力はあったが、気性の難しさがネックで、馬具の工夫など、厩舎スタッフの手厚いケアにより、常に重賞で勝ち負けするところまで持ってきた馬なのだという。それだけに“そろそろタイトルを”の気持ちも強かろう。

 素直に冒頭の悩みどころをぶつけてみたところ、「1着はなくても、重賞で強い馬を相手に際どい競馬を続けているほうが当然、そのクラスでの経験値という面で有利ですよね」と師は歯切れ良く回答してくれた。

 ちなみに今回は浜中騎手のテン乗りになるシルヴァンシャーに対し、エタリオウは前走に引き続き横山典騎手が手綱を取る。師いわく「クセがある馬」に対して、2度目の名手がどんな騎乗を見せてくれるのかも興味深いところだ。

 やはり、あらゆる意味での“経験”という面でエタリオウに一日の長がある、と判定したい。