【京都大賞典】“京都の申し子”グローリーヴェイズ「今回の結果で先が見える」

2019年10月03日 21時32分

天皇賞・春ではフィエールマン(左)に惜しくもクビ差及ばなかったグローリーヴェイズ(右)

【京都大賞典(日曜=6日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)栗東トレセン発秘話】「舞台がリニューアルされるころは、さすがに現役とはいかないですから。この馬が得意の京都で競馬ができるのも来年春まで。走る機会は限られているので本番(天皇賞・春)まで全力投球したいと思っているんです」

 GII京都大賞典にグローリーヴェイズを送り出す尾関知人調教師が、しみじみとした口ぶりで秋初戦への意気込みを示したのは1週前追い切り(9月26日)の後だった。

 それもそのはず。京都競馬場は開設100周年を迎えるにあたり、スタンドや施設全体の整備工事を来年2月からスタート。それに伴い、競馬開催も同11月から23年3月まで休止が決まっている。

 同馬にとって京都はデビューから全8戦中5戦を選択してきたホームグラウンド。加えて曽祖母メジロラモーヌから受け継ぐ“メジロの血”が騒ぐ古戦場でもある。今回はステップレースの枠を超えた惜別への“カウントダウン”なのだ。

 かつて同師は「京都が得意な馬は3コーナーからの下り坂を上手に走る」と語ったことがある。思えば、それを体現したのが前走の天皇賞・春だった。フィエールマンにクビ差及ばなかったが、優勝馬の背後からひたひたと迫った3コーナーからの走りは迫力満点。過去の勝利は日経新春杯の1勝のみでも“京都の申し子”たる姿を最後まで見せつけたい思いはきっと強かろう。一方で指揮官はこんな言葉も漏らしている。

「この夏に天栄で調整を進めていく中で“気合が足りない感じがする”との報告を受けたんです。これまでこっちのイメージで動けていたのが、思ったよりズブさを見せている。ただ、競馬を経験していく中で落ち着いてきたというのは、完成期に入ったということかもしれません。実際、体もデビューから一戦ごと増えて成長してきた馬が、今回は同じ体重での出走となりそうですからね」

 帰厩後の姿に感じたのは、内面の変化を含めた“古馬らしさ”だった。裏を返せば、無難に宝塚記念をパスした春とは違い、これからは勝負手を打ってくる可能性も十分あるということ。ならば「馬が完成してくれば距離も2400メートルくらいが一番合いそう。今回の結果で先が見える」との言葉は、一方で未来を見据えての“脱・京都”宣言かもしれない。

 次走がジャパンCか暮れの香港かは未定だが、今回が得意分野を広げる重要な舞台となるのは確かである。