【毎日王冠】ダノンキングリー ポリトラックで余裕の併入「春と比べて馬がしっかり」

2019年10月02日 21時05分

余裕の脚色で併入したダノンキングリー(奥)

【毎日王冠(日曜=6日、東京芝1800メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬2日最終追い切り:美浦】ダノンキングリーは南A(ダート)コースで体をほぐした後、南ポリトラック入り。同厩の古馬1勝クラスの後方を5ハロンから3馬身追走。4角で内に潜り込むと、直線は追いすがる年長馬に胸を貸す形で余裕の併入を果たした(66・6―38・4―12・4秒)。

 萩原調教師「帰厩後も順調。体重は変わりませんが、春と比べて馬がしっかりしてきましたね。古馬とは初めての対戦になりますけど、問題ないと思います」

 ダービー2着馬の注目の秋初戦。春にGIII共同通信杯を制した舞台で好発進を決める。