【京都大賞典】グローリーヴェイズ「馬が完成期に入ってきた」

2019年10月01日 20時30分

【京都大賞典(日曜=6日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬1日朝の表情:美浦】2度目の重賞制覇を狙うグローリーヴェイズは南ウッド経由で坂路入り。活気ある動きを見せた。

 尾関調教師「前走(天皇賞・春=2着)後の疲れも乗り越えて、いい夏を過ごせました。昨秋の京都は時計が速かったですし、多頭数の競馬などハードルはありますが、今は馬が完成期に入ってきましたからね。乗り越えてほしいです」