【京都大賞典】ノーブルマーズ「極端な瞬発力勝負にならなければ」

2019年09月30日 20時16分

【京都大賞典(日曜=10月6日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬最新情報:栗東】ノーブルマーズの1週前追い切りは坂路で一杯に追われて4ハロン53・1―38・7―12・8秒。中間も順調に乗られており、この馬なりにしっかり反応している。

 石原助手「夏場の疲れもなく好調キープ。小倉記念(3着)で差のない競馬をしてくれたが、広いコースの2400メートルのほうがレースはしやすい。速い時計に対応できる馬。極端な瞬発力勝負にならなければ」