【秋華賞登録馬】打倒ダノンファンタジーの1番手はクロノジェネシス

2019年09月30日 11時30分

秋華賞登録馬

 第24回秋華賞(10月13日、京都芝内2000メートル)の登録馬が9月29日、発表された。賞金900万円の4頭が抽選対象になっている。

 無敗のオークス馬ラヴズオンリーユー、桜花賞馬グランアレグリアの回避で混戦ムードが漂う牝馬3冠最終戦。そんな中、2歳女王ダノンファンタジーは前哨戦のローズSをレコードで勝ち、最高の形で本番へ駒を進めてきた。それでも折り合いに難があるこの馬に距離延長がプラスに働くとは思えない。世代でトップレベルの能力を持っているのは間違いないが、他馬にもつけ入るスキは十分にある。

 その1番手はクロノジェネシスだろう。春は桜花賞、オークスともに3着。阪神JFではダノンファンタジーと激戦の末の2着と実力は拮抗している。オークスからぶっつけ本番という不安材料はあるが、距離適性を考えれば逆転も十分に視野に入る。

 続くのはオークス2着馬カレンブーケドール。同レースでは12番人気の低評価ながら、ラヴズオンリーユーと真っ向勝負でタイム差なし。実力はトップレベルだ。秋初戦の紫苑Sは3着に敗れたが、叩き台としては悪くない。本番でパフォーマンスを上げてくるはず。

 ほかにもフラワーC勝ちのコントラチェック、桜花賞2着シゲルピンクダイヤ、ローズS・2着ビーチサンバなどの実績馬がいる。

 新興勢力にも魅力ある馬が多く、紫苑S・1、2着のパッシングスルー、フェアリーポルカや3戦3勝のサトノダムゼルなど、馬券的にも面白い一戦になりそう。