【シリウスS】タイムフライヤー 以前の背腰に頼りない面が良化

2019年09月26日 20時31分

【シリウスS(土曜=28日、阪神ダート2000メートル)注目馬26日朝の表情:栗東】ダート転向2戦目のGI馬タイムフライヤーは軽めの調整で体調を整えた。陣営は2017年ホープフルS以来の復活Vに期待を寄せていた。

 松田調教師「今年の札幌は外を回った馬がたれるケースが多かった。それを考えると、前走(エルムS=6着)は厳しい形でよく頑張っている。以前は背腰に頼りないところがあって、抑えが利きにくい面もあったけど、(25日の)稽古では3コーナーからずっと併せ馬の形で走れていたからね」