【シリウスS】モズアトラクション 体つきはボリューム満点「いい状態を維持」

2019年09月25日 20時06分

モズアトラクションは軽快にダートを駆け抜けて好仕上がりをアピール

【シリウスS(土曜=28日、阪神ダート2000メートル)注目馬25日最終追い切り:栗東】モズアトラクションは前走のエルムSで待望の重賞初制覇。高速決着の中、ロスのない立ち回りで突き抜けて目下の充実ぶりをアピールした。

 中間は函館の調整を引き継ぎ、ダート主体の追い切り。以前はウッド中心だったが「こちらのほうが疲れが出にくい」と松下調教師はその効果をアピールする。

 もちろん総仕上げもダート(Bコース)。単走でサッと脚を伸ばして5ハロン73・5―42・7―12・5秒をマークした。内容は軽めだが、夏場も使われてきていることを考えればこれで十分。体つきはボリューム満点でダート馬らしい力感にあふれている。陣営も重賞連勝に期待を膨らませていた。

 松下調教師「先週までやってきているのでしまい重点。北海道から帰厩後もいい状態を維持できています。小回りコースでも結果を出してくれましたが、広い阪神に替わるのはプラスですね」