【ローズS】シゲルピンクダイヤ 坂路からウッドへ調教方法なぜ変更

2019年09月11日 21時32分

鬼脚の再現が期待されるシゲルピンクダイヤ

【ローズS(日曜=15日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)栗東トレセン発秘話】2009年の春秋グランプリを制するなど大舞台で活躍したドリームジャーニー。その最終追い切りといえば栗東Cウッドが定番だったが、10年に球節炎を発症して以降は脚元を考慮して坂路追いに変更。「ドリームジャーニーが復活するのはウッドでビシッと追うようになってから」と読み、坂路追いの同馬を敬遠する記者は少なくなかった。実際、その後は勝つことなく引退したのだから、その読みは正しかった?

 ルーティンで行っている調整方法が変わったとき、そこには何らかの理由が存在する。

 今週のローズSに出走するシゲルピンクダイヤは、先週4日に行った1週前追い切りで、デビュー戦の2週前追い(18年9月26日)以来となるウッド調教を敢行。ずっと坂路で追っていた馬の調教法の変化にも当然理由はあり、それはドリームジャーニーのケースとはベクトルが180度異なるものだ。

「繋靱帯炎になった馬なので、春は坂路でしか追い切りをしていなかったんですが、今は脚元の状態がいいので、ウッドでやってみたんです。しっかりやれましたし、息遣いも良かったですね」とは渡辺調教師だ。担当の上浜助手によれば「春はプールにも行っていたんですが、それも今は行っていない。それだけ脚元を気にせず調整できています」。

“加減していた”というわけではないだろうが、脚元に気を使いながら調整していた春でもチューリップ賞→桜花賞で連続2着だから、やはり本物。12着に大敗したオークスは「ゲート入りに手間取って、自分で自分の脚を蹴ってしまい、ケガもしていた。レース以前の問題でした」(渡辺師)と度外視できるレースだ。

 今度の舞台はGIで好走した阪神外回り。「気性的に久々は全く問題ない」(上浜助手)とあれば、また上がり3ハロン32秒7の鬼脚を見せてくれるかもしれない。