【京成杯AH】プロディガルサン「内で我慢して馬群を縫っていく競馬をさせてみたい」

2019年09月05日 20時32分

【京成杯オータムハンデ(日曜=8日、中山芝外1600メートル)注目馬5日朝の表情:美浦】6着に終わったエプソムC以来のプロディガルサンは厩舎周りの運動を行った。

 国枝調教師「(4日の追い切りでは)相変わらずの攻め馬大将だったし、仕上がりは問題ないよ。ただ競馬では少し遠慮しちゃう。そこが課題だよね。今回は内で我慢して馬群を縫っていく競馬をさせてみたい。ハンデ55キロは昨年勝ったミッキーグローリーと同じだし、この馬も重賞を勝つ力はあるはずだから」