【京成杯AH】トロワゼトワル「開幕週であまりに時計が速くなると…」

2019年09月05日 20時30分

【京成杯オータムハンデ(日曜=8日、中山芝外1600メートル)注目馬5日朝の表情:栗東】フェアリーS(5着)以来の久々の重賞挑戦となるトロワゼトワルは追い切り翌日の軽めの運動メニューを消化した。陣営は以下の課題を挙げた。

 安田隆調教師「重賞メンバーを相手にどこまで通用するかですが、52キロのハンデを生かして、できるだけロスの少ない競馬で頑張ってほしい。中山コースでもいい競馬はできていますけど、開幕週であまりに時計が速くなるとどうですかね」