【セントウルS】イベリス 坂路で1馬身半先着「千二はベストな距離」

2019年09月04日 20時18分

イベリス(右)はシャープに伸びて先着した

【セントウルS(日曜=8日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)注目馬4日最終追い切り:栗東】イベリスは浜中を背に坂路でエポック(古馬OP)との併せ馬。後方からじっくり追走し、しまい強めに仕掛けられて1馬身半先着した(4ハロン51・3―11・9秒)。終始力強い脚取りを見せ、順調な仕上がりをうかがわせた。鞍上もアーリントンCに続く重賞制覇に期待を寄せた。

 浜中騎手「最後まで我慢してサッと抜け出てくれました。以前は他の馬を気にするところがあったが、だいぶ解消されてきています。前走(NHKマイルC=16着)は長かったけど、1200メートルはベストな距離。古馬に交じってどうかだけど、開幕週の馬場、斤量差などいい条件でできるので」