【京成杯AH】ディメンシオン「バランスが良くなっているので右回りでも問題ない」

2019年09月02日 20時42分

【京成杯オータムハンデ(日曜=8日、中山芝外1600メートル)注目馬最新情報:栗東】ディメンシオンの1週前追い切りは北村宏を背にウッドで2歳馬に余力を残して半馬身先着。4ハロン56・5―40・9―12・0秒。硬さは見られず、一連の状態をキープできている。

 田代助手「2走前(米子S=7着)はアクシデント明けでイレ込みがひどかったからね。前走(関屋記念=4着)はパドックから落ち着きがあったし、牡馬相手に脚を使って時計も詰めてくれた。今はバランスが良くなっているので右回りでも問題ないし、引き続き好勝負を期待」