【北九州記念】アレスバローズ「極端な道悪を走った前走のダメージもなく順調」

2019年08月15日 20時31分

【北九州記念(日曜=18日、小倉芝1200メートル)注目馬15日朝の表情:栗東】昨年の覇者アレスバローズは引き運動で体をほぐし決戦に備えた。

 角田調教師「最終追い(14日)は馬なりで楽に動かせた。ちょっと大人になって落ち着きが出てきたけど、まだまだ気が若いから、この年でもいい走りができるのかな。極端な道悪を走った前走(CBC賞=2着)のダメージもなく、順調にきている」