【北九州記念】ディアンドル 6連勝へ楽々と坂路ラスト12・3秒「順調」

2019年08月14日 20時22分

パワフルに坂路を駆け上がったディアンドル。6連勝&重賞初制覇を目指す

【北九州記念(日曜=18日、小倉芝1200メートル)注目馬14日最終追い切り:栗東】5連勝中のディアンドルは坂路で単走。1週前に坂路でラスト11・5秒(4ハロン55・2秒)の好時計を出しているため最後まで馬なりながら、楽々とラスト12・3秒(4ハロン56・9秒)でゴール。

 奥村豊調教師「先週の追い切りで動ける状態だと判断できたので今日は馬なり。順調です。最近は周りの馬の出方やペースに対応して競馬ができるようになってきた。小倉は昨年も走っているし、その後にいろいろな経験を積んだので不安はない。まだ成長過程の馬だけど、ここでどれだけの競馬ができるか楽しみ」