【関屋記念】ミッキーグローリー3馬身先着 国枝調教師「骨折の影響も太め感もない」

2019年08月07日 21時04分

ミッキーグローリー(手前)は賞金加算に向けて万全の仕上がりだ

【関屋記念(日曜=11日、新潟芝外1600メートル)注目馬7日最終追い切り:美浦】ミッキーグローリーは坂路で併せ馬。先行した同厩の古馬3勝クラスの内から楽々と前に取りつくと、最後は鞍上のアクションに応えて3馬身先着(4ハロン51・4―12・5秒)。9か月のブランクを感じさせない軽快なフットワークで、好仕上がりをアピールした。

 見届けた国枝調教師は「いいね。骨折で間隔が空いたけど、軽度なもので影響は全くないし、馬体に太め感もない。ここにきて落ち着きが出て、精神的な成長が感じられるのもいい。秋にはまた大きな舞台で…と思っているし、勝って賞金を加算したい」とキッパリ言い切った。